家族の健康を守ろう

鹿肉が健康食品として注目

皆さんは、鹿肉を食べたことがありますか。
最近では、鹿肉が健康にいいとして注目を集めています。
安全性は大丈夫かと心配する人もいますが、鹿が食べている草はほぼ100%自然な草です。
よって、輸入飼料、農薬を使用した牧草などを食べさせている他の家畜と比べて、鹿が危険ということはありません。
なぜ健康にいいかというと、高たんぱくで低脂肪、コレステロールも低いヘルシーなお肉であるからです。
鹿肉の脂質含有率(赤身肉に含まれる脂の割合)は、四季を通じて1から3%で推移しています。
その数字の低さは、脂質割合が40%を超える牛サーロイン肉とは対照的です。
よって、ダイエットに最適といえます。
高たんぱくであるため筋肉の増強にも効果的で、基礎代謝が上がりダイエットにつながります。
それと、鹿肉に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は、中性脂肪を減少させる働きがあり、ダイエット中には摂取したい成分です。
それと鹿肉は、貧血予防にも効果があります。
鹿肉は、牛のレバーをしのぐ鉄分を含んでおり、その量は100g中に6mgです。
最近では、鉄分が不足しがちな現代女性が増えています。
そういう方には、特にオススメしたい食材です。
他にも鹿肉は、食物アレルギーの原因になりにくい消化の良いタンパク質でできています。
ですから、肉アレルギーの方や食肉アレルギーを持つ犬などのペットにもおすすめです。
気になるのはお味の方ですが、鹿肉を食べた人の中で多くの方は、生臭かったという意見の方が多いです。
しかし、それはしっかりと血抜きをしない肉を食べたことが原因です。
特にハンターが個人で処理した鹿肉を食べたことがある方は、鹿肉の評判があまり良くないです。
しかし、スーパーなどで最近販売されている鹿肉の加工品は、私たちが食べやすいように鹿肉の臭みを消したりする努力がなされています。
ですから、おいしく食べることができます。
興味がある方は、一度購入されてはどうでしょうか。